内省の日々

とある学生の頭の中

『白夜行』

 

白夜行」という2006年に放映されたドラマを観た。

 

東野圭吾の小説が原作である。

 

 

とても考えさせられる内容だった。

 

主人公の亮司とヒロインの雪穂は

お互いを幸せにするために罪に罪を重ねていく。

 

 

しかし、その「幸せ」とは一体なんなのか。

 

本人たちにもわからないし、

登場人物も視聴者である僕もわからない。

 

亮司は多くの犯罪を犯した。

それ自体は許されるべき行為ではない。

 

しかしその動機は、悪意ではなかった。

ただ雪穂のためを思ってやったのだ。

 

 

このお話は、誰が悪いのかもわからず

どうすれば良い結末を迎えられたのかもわからない。

 

正解はわからないけど、

登場人物の生き様や葛藤をみて

 

「生きる」とはどういうことなのか

「愛」とはなんなのか

言葉では言い表せないものを感じさせられた。

 

 

世界観に入り込みすぎたせいで

とても複雑な気分になっている。

 

でも、観てよかったと思う。

 

改めて、自分はどう生きるべきなのか

深く考える機会になった。

 

子どもができたら、ぜひ観せたい作品の一つである。