読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省の日々

とある学生の頭の中

狙いすぎ

考えたこと

意図的なものは疲れる。

 

営業やコピーライティングにどっぷりと浸かっていたとき

話すことも書くこともほとんどが意図的だった。

 

意図的になると本来の自分ではなくなる。

 

よそ行きの窮屈な衣装を身にまとって

思ってもいないことをニコニコしながら語る。

 

どんなに疲れることだろうか。

 

 

会話においてもつい気をつかって

狙いすぎた言葉を言ってしまう。

 

寒々しく、相手にも思ったほど響かない。

 

自然体で生きられたらどんなに楽だろうか。