内省の日々

とある学生の頭の中

苦手な人と働くこと

 

10月から働くことになったインターンの研修に参加してきた。

 

6人のインターンの中から2人ずつペアを組んで働くことになるのだが

そのうちの1人がどうも苦手だ。

 

さらに苦手意識が強くなりそうだから

あまりそう思いたくはないのだけど

今日その人とペアで研修に参加してドッと疲れたから間違いない。

 

 

この苦手意識というのはどんなもので

どういう要因で発生しているのかは分からないが

話していると「なんか合わないなこの人」という感覚がある。

 

合わないだけならいいけど、

相手の押しが強いといちいち気を遣ってしまうからとても疲れる。

 

 

僕は単に愚痴りたいわけではなくて

ここから一歩考えを進めて自分が就職する時のことを想像してみた。

 

苦手な人がいない職場で働ける確率はいったいどれぐらいだろうか。

その確率はとても低い気がする。

 

仕事の悩みで一番多いのが人間関係だというけど

その中身は「苦手な人」の存在によるものがほとんどだと思う。

 

こういうことに目をつむって、我慢して働くのが

「大人になる」ってことなんだろうか。

 

 

もし苦手な人と絶対に働きたくないのなら

起業して個人事業主になったり

人を雇う立場に回ったりするという道が考えられる。

 

ただその方法で食うのは、雇われるよりもハードに違いない。

 

僕の中学生時代の夢は「作家になること」だったが

本当に食えるかどうかは置いておいて

性に合ってそうだなと思う。

 

 

とりあえず今のインターンを2ヶ月ぐらいは続けてみて

どうしても他人と働くのが無理だとなったら

サラリーマン以外の道に進んでみるのも悪くなさそうだ。

小学生の家庭教師を始めて得た気づき

 

今月から家庭教師のトライに登録して、

小学4年生の女の子を教え始めた。

 

その子はとても活発な子で集中力が続かないので

教えるのもひと苦労だが、やりがいがある。

 

 

家庭教師をやっていて面白いなと感じるのは

他人の素のままの親子関係を知れることだ。

 

それを知ることで自分自身の親との関係を相対化し振り返ることができる。

 

例えば、親の接し方の長短を知れたり

親・子それぞれどんな気持ちでいたのかを想像できたりする。

 

 

その女の子のお母さんは側から見ていると

とても厳しい態度でその子に接している。

 

その子に「ちゃんと勉強しなさい!」と何度も叱る。

 

関係性はそれほど険悪ではないみたいだけど。

 

 

自分の親はどうだったかというと、

いい意味でも悪い意味でも放任主義だった。

 

箸の持ち方とかはよく注意されていたけれど

勉強に関して何か言われた記憶がほとんどない。

 

あと、過剰に叱られたり褒められたりとかもなかった。

 

僕が「他人の言動を強く否定しない」スタンスになったのは

母親が僕に対してそのように接していたからかもしれないなと気づいた。

 

 

もう1つ、家庭教師をやって得た気づきがある。

 

自分のモチベーションの源泉は

「自分の考えや分析が他人の役に立つこと」

そしてもっと大げさに言うならば

「誰かの救世主になること」だ。

 

 

僕はアニメやマンガでどのキャラが好きかと聞かれると

たいていの場合「主人公」と答えていた。

 

それがなぜかやっとわかった。

 

僕は「救世主」に憧れていたのだ。

 

ダメな状態、ピンチに陥っている人や組織を

1人のヒーローが救い出す。

 

そんなストーリーを求めているのだと気づいた。

 

 

これを仕事に具体化すると、

人や組織に密に関わるタイプのコンサルタントなどが思い浮かぶ

 

ただ、コンサルタントといっても

数字を分析して、フレームワークに落とし込んで、資料を作る

みたいな合理主義的なものは嫌だ。

 

顧客と涙を流し合いながら熱い抱擁を交わすみたいなのが良い。

 

 

ここ数日はかなり気持ちが上向いてきているので

この調子で10月から始まる大学とインターンをスタートさせたい。

 

『罪と罰』を読んで感じたこと

 

ダラダラした日常の中でも、少しでも進歩したいと思い

2年前に購入したドストエフスキーの『罪と罰』を読了した。

 

工藤精一郎の訳で読んだが、文章にやたら勢いがあって面白い。

 

とにかく「!」がたくさん出てくる。

なんだかミュージカルの台本を読まされている感覚。

 

 

罪と罰』は哲学の題材になるほど示唆に富んだ内容なのだが

学のない僕では深いところまで読み取ることはできなかった。

 

これから他の人の考察を読んで理解を深めようと思うが

せっかくなので自分が読んで素直に感じたことを書き残しておきたい。

 

ちなみにネタバレとかは一切気にせずに書くのでご注意ください。

 

 

まず『罪と罰』というタイトルにあるように物語の中心は

主人公ラスコーリニコフが犯す殺人という「罪」と

その罪に対して科せられる「罰」にある。

 

主人公は自身が考える「ある理論」の正しさを証明するために

人を殺してしまう。(金銭的事情や家族のため、心的な病によるものもある)

 

しかしその殺人に対して、苦悩し、逃げ惑い、自殺を考えるが

ソーニャという愛する存在と出会ったことで最終的に救われる。

 

 

僕の足りない頭で考えると

「結局は人間に最も必要なものは愛なんだな」

というありきたりな結論になった。

 

約1200ページも読んでこれだけしか自分の中に残らないのかと思うと虚しくもなるが

それでもこの絶望に包まれた世界観を追体験できたことはよかったと思う。

 

人生には嫌なことや苦しいこともたくさんあるけど

この世界の人々の苦悩を考えればそんなことはちっぽけに思えてくる。

 

絶望に満ちた話なのに、読んだあとはとても爽快な気分で

生きることに対する勇気がわいてきた。

 

そして自分もいつか本当の愛をつかみ取りたいと思う。

 

 

あと、なぜだかわからないが心に残った言葉がある。

 

ポルフィーリーという予審判事(主人公の罪を暴く敵役)が

ラスコーリニコフに対して言った

『苦悩には思想がある』

という言葉。

 

「自分が悩んでいることの中には何らかの思想がある」

もしくは

「悩み続けたその果てに思想が形成され自分の糧となる」

 

という意味ではないかと捉えている。

 

日頃から悩みの耐えない僕にとっては、

悩むことにも意味があり、先に繋がっているのだと思うと

気が楽になった。

 

 

以上のように、あまり体系化して考察することはできなかったが

罪と罰』の世界観やストーリーは自分の中に長く残り続けるだろう。

 

今はまだわからないが、とても意味のある読書体験だったと思う。

 

社会不適合者

 

今日は塾講とインターンの面接を受けてきた。

 

塾講の方は塾長と軽く挨拶するぐらいで終わった。

 

問題はインターンの方。

 

自分のコミュ障っぷりが見事に発揮されてしまった。

 

 

オフィスに着くと1対1形式かと思いきや、ぞろぞろと3名の学生が登場した。

 

最初は明るい感じの女性。

すごいフレンドリーに話しかけてくる。

 

僕はなぜかテンションが急降下していき

ぼそぼそと対応するだけだった。

 

 

そのあとは男子学生が登場。

地味そうだが声がたかくてコミュ力はあります的な人。

 

その2人の会話が、がぜん盛り上がっていて

自分のコミュ力のなさを自覚した。

 

なんでそんなにナチュラルに次の言葉が出てくるんだろう。

 

少し救いだったのが最後にきた女子学生も

僕と同じような人種だったことだ。

 

 

そして30分の筆記のあと面接が始まった。

 

僕はなぜか面接は得意なので、内容はともかく

あたかもコミュ力ありそうな人のような話し方ができた。

 

昔からこういうゲームみたいな設定ありきの状況は得意だ。

 

「ゲームなんだからいいでしょ」という暗黙の了解があるから

変に気を遣わなくてすむ。

 

フリーな状況だと、下手するとグサリと刺さる一言をいわれて

すごく傷つくみたいなことがあるから怖い。

 

 

それで面接が終わって帰り際。

 

4人で乗ったエレベーターの中で明るい2人がわっと話し出す。

 

「僕は意外とかっちりした面接だった」と感じたことに共感してもらいたくて

みんなに「今日はスーツの方が良かったかもですね」と言った。

(僕と女子学生は私服で、男子学生がスーツ。面接前に「うわー私服で来ればよかった」と言っていた)

 

そしたら突き放すような口調で

「いやそんなん気にせんでええやろ」

と言われた。

 

なによりこたえたのが、横にいた明るい女子学生が

誰がみてもわかるぐらいの引きつった愛想笑いで

「ははは...そうですねえ。。」

と言ったことだ。

 

そして僕は「僕こっちなんで。お疲れ様です。」

とお決まりのセリフを残してそそくさと立ち去った。

 

 

こんな感じで冷静に考えたらなんてことないことなのに

なぜか僕はへこんでしまっている。

 

今朝は最高に明るい気分だったのが嘘のようだ。

 

 

数年前までは多少イヤなことがあっても

そこまでへこまなかったような気がする。

 

なのに最近の僕はことあるごとに落ち込んで

こうして深夜にブログを書いたりしてる。

 

おそらく社会人になったら、もっともっと理不尽なことが起きたり

ひどいことを言われたりするのだろう。

 

それを思うと、社会でうまくやっていける自信がない。

 

 

僕以外にもナイーブな人はいると思うけど

その人たちは社会の荒波をどう乗り越えてきたのだろう。

 

あるいはすでに社会からドロップアウトしてしまったのかもしれない。

 

 

いつから自分はこんなにめんどくさい人間になってしまったのか。

 

 

宙ぶらりん

 

かなり久々の更新になってしまった。

 

何か書かないとモヤモヤした気持ちが晴れないので

思うままに書いてみようとおもう。

 

 

8月はとても怠惰な日々を過ごした。

前半の方はあまり記憶がない。

 

お金はいつもより節約できたと思うが、

フェスに行ってしまったのでけっこう飛んでしまった。

 

後半にバイトを始めてみたが

単純作業に耐えられなくて1週間でやめた。

やはり僕は我慢ができないみたいだ。

 

派遣のバイトを3時間だけやってみたが

臭くて汚くて掃き溜めのような場をかいまみて

「ここにだけは来てはいけない」と悟った。

 

 

最近モヤモヤしてる一番の理由は

「これさえやれば前に進める」という確かな目標が

見えなくなってしまってるからだろう。

 

今日も有給のインターンの面接に行ってきたが

質問されてもあやふやな回答しかできなかった。

 

自分でも「ブレブレだな」と思いながら話していた。

 

 

できれば音楽やアニメや本など

自分が好きなものに関わった仕事をしてみたいけど

多くの大人は「それはおすすめしない」と言う。

 

「趣味は趣味のまま終わらせといたほうがいい」

という理屈は想像でしかないけどなんとなくわかる。

 

ずっと好きだった女の子と付き合えたはいいけど

嫌なところがたくさん見えてきて

幻滅してしまったみたいなものだろうか。

 

 

僕が幼少期から好きだったことといえば

「歌うこと」だろう。

 

お風呂場でもずっと一人で熱唱していた。

 

でも、下手でもないけどプロになれるほど上手くない。

 

友達とカラオケに行くと自分のレベルはなんとなくわかってしまう。

 

クラスメイトレベルに負けるようでは

到底その道では食っていけないだろう。

 

 

じゃあ自分が他の人よりも段違いに優れているものはなんなのか

考えてみても何も思いつかない。

 

人よりちょっと秀でた偏差値60ぐらいのものは

いくつか思い当たるけどそんな程度じゃ勝負にならないし。

 

 

とりあえず今は教育に興味があるから

手始めに塾のバイトでも始めてみようと思っている。

 

こうやって考えてても何も進まないだろうから

とにかく動いてみて、そしたら何か希望がみえてくるかもしれない。

 

人間は変われないのか

 

大学のキャリアセンターで大企業を退職したOBと話していた。

 

僕とOBは「女好き」という点で同じだった。

 

 

僕が「夜のお店で散財してしまった」と話すと

「俺もずっとそんな感じだったわ」と言う。

 

年収は1000万を超えていたが、

貯金はスッカラカンだったらしい。

 

その人のモットーは「今を生きる」ということ。

 

すごく共感してしまった。

 

 

僕が「大学を休学して、東京に1年住みたいんです」

と伝えると

「東京は楽しいところがいっぱいだから

 君は破滅してしまいそうだ」

と言われた。

 

「たしかにそうかもしれない・・・」

と全く反論できなかった。

 

 

欲望にすぐに負けてしまう自分を変えたいと思うが

そのOBによると

「人はよっぽどのことがなければ変われない」らしい。

 

だから欲に飲まれないためには、

物理的な制限を設けるしかないと。

 

例えばその人がかけている規制は

財布を持ち歩かず

ポケットに少額の現金を入れて外出すること。

 

といっても3万円は入れとかないと

不安で仕方なくなるらしいから

意味があるのかはわからないが。笑

 

 

出身も大学も同じで、女好きな70代に

「人は変わらない」と言われてしまうと

妙に納得してしまう。

 

本当にそうだとしたら

僕はロクでもない人生を歩むのかもしれない。

 

まあ、それも一興かもしれないな。

 

「良い人間」になる必要はない

 

昨日の記事を書いてから

色々と考えを巡らせていた。

 

そして今朝出た答えが

「良い人間になる必要などない」

ということ。

 

 

善悪を考えるときには

「誰にとって」を考えなければならなかった。

 

例えば娘の治療費をどうしても用意できなくて

銀行強盗に走る父親

 

社会的には「悪」だが、

本人にとっては「善」かもしれない。

 

 

ここまで追い込まれてしまって、

自分の善が社会の善と対立してしまうような状況は

めったにないとは思うが

 

基本的に世界はこのような

集団間、個人間の「善悪のせめぎ合い」で成り立っている。

 

 

そうなのだとしたら、個人として日本人として

僕はどう考え行動していけばいいのか。

 

別に正解なんてないけど

自己一貫性をできるだけ保った生き方をしたいから

そのために何らかの判断基準、哲学をもっておきたい。

 

 

僕が出した結論はとてもシンプルなものだった。

 

「周りにいる自分が好きだと思う人を大切にすること」

 

 

1人の人間がもつ影響力には限界があるから

誰もかれも救うことはできない。

 

それに、より多くの人を救おうとすればするほど

「善悪のジレンマ」に悩まされることになる。

 

それなら、「自分自身」と「自分が大切にしたい人」を

「善」だと思って行動すればいい。

 

 

もちろん「自分たちさえよければいい」と

他の人たちに害を及ぼすようなことはしたくない。

 

そういう生き方は美しくないから。

 

 

信条にもエネルギーにも限界があるのだから

基本的には自分と周りの人に貢献する。

 

そしてもしエネルギーに余裕があって

自分の信条にあう状況に遭遇したら

「善行」を行おうと思う。

 

 

例えば、自分が疲れてヘトヘトになってるのに

満員電車でお年寄りに席をゆずるのはやめる。

 

それで自分が疲れすぎてしまって

ケガをしてしまったり

ストレスが爆発してしまったりしたら

家族や友人を傷つけたり迷惑をかけるかもしれない。

 

自分は自分だけのものではないのだから。

 

自分という資本は、大切な人のために使いたい。

 

 

今のところはこの考え方で生きていこうと思う。