内省の日々

とある学生の頭の中

人から信用されるには

2週間ぶりのブログ更新。

 

 

昨日、インターン先の社長から

胸にズシンと響く一言を言われた。

 

「君は優柔不断で、飽き性で、気分屋だよね」

 

まったくその通りだと思った。

 

 

なぜならたった3日働いて「やめます」と言い、

 

その後に誘われた飲み会で

「やっぱこの会社楽しいかも」と思い直し

「やっぱりやります」

という始末。

 

さらに社長に

「この仕事は自分に向いてないから、

 こっちの仕事をやらせてほしい」

という提案までしておいて

 

「やっぱり時間的にインターンの僕に

 この業務は無理でした」

なんてぬかすことになった。

 

 

思えば最近の僕は

「やっぱり」ばかり言っている。

 

1度やる気になったかと思えば、

次の日に寝て起きるとテンションが下がり

「やっぱり違うな」と思ってしまう。

 

ダイエットとか自己完結することならまだしも

「これやるので任せてください」

と人に言ったのに、すぐに撤回するのは迷惑でしかない。

 

人の期待を裏切り、計画を狂わせてしまうことになる。

 

 

社長に言われた

「優柔不断で、飽き性で、気分屋だね」

という言葉は

 

一言でいえば

「君は信用できない」

ということだろう。

 

 

前に働いていた営業団体の副社長に

「能力があるやつが信用されるんじゃない。

 継続してやるやつが信用されるんだ」

と言われたのを思い出した。

 

「継続してやっている」

ただそれだけで信用される。

 

たしかにいくら能力があっても

3日でやめるようなやつにプロジェクトは任せられない。

 

 

しかし、継続するのはとても難しいことだ。

 

特に僕のような、興味の幅が広く

可能性を妄想しがちなタイプにとっては。

 

 

僕のような人間が継続できるようになるには

どうすればいいのか。

 

今日考えてみて出た答えはこうだ。

 

「出会った人との縁を大切にすること」

 

 

将来の可能性は無限にあるから、

今やっていることよりもっと楽しいこと、

もっと得することはきっとあるのだろう。

 

でも、それが何かはわからない。

何事もトレードオフだから、全てを選ぶことはできない。

 

ただ1つたしかなことは

出会った中で

「この人は好きだな」という人がいること。

 

そして好きな人たちに

価値を与えて、喜んでもらえることをする。

 

そうしたら、結局幸せな人生になる気がする。

 

 

今は家族に養ってもらっているから

こんなキレイごとが言えるのはわかっている。

 

だからこそ、余裕のあるうちに

将来稼ぐ力や、お金を生み出す仕組みを構築しておこうと思う。

 

僕は幸せもんだ。