内省の日々

とある学生の頭の中

「成長」は都合の良い言葉だ

 

インターンでよく社長に言われる「成長」というワード。

 

教育系の会社だからその言葉が使われるのは当然なんだけど。

 

なんだか違和感を感じる。

 

「頑張れば成長できるぞ」は雇用者からすると

従業員に無理させるのに体の良い言葉だ。

 

 

僕も今までは自己啓発やら筋トレやら瞑想やら

自分を「成長」させるために様々なことにトライしてきた。

 

しかし「もっと成長しないといけない」という考え方は

今の自分を「否定すること」に繋がっている。

 

「ダメだ。ダメだ」と自分に声をかけ続けた結果、

「もうどうでもいいや」と全てを投げ出したくなってきた。

 

なんだか社会全体が「成長」に囚われた狂信的な宗教団体に見えてきた。

僕の周りにそういう人が集まってるだけかもしれないけど。

 

 

本当はもっと、肩肘はらずにアホ丸出しで生きたい。

 

僕は「正しさ」よりも「楽しさ」「心地よさ」を重視したい。

 

お互いに「アホでもドジでもええやん。楽しくやろうよ」

という空気感で仕事できたらいいな。

 

まあ僕は社会を知らない若造だから、こんなのは甘い考えかもしれんけど。

 

 

こんなこと書いてると、明日ほんとに出勤したくなくなってきた(笑)

 

このままだとニートまっしぐらかも。