内省の日々

とある学生の頭の中

宙ぶらりん

 

かなり久々の更新になってしまった。

 

何か書かないとモヤモヤした気持ちが晴れないので

思うままに書いてみようとおもう。

 

 

8月はとても怠惰な日々を過ごした。

前半の方はあまり記憶がない。

 

お金はいつもより節約できたと思うが、

フェスに行ってしまったのでけっこう飛んでしまった。

 

後半にバイトを始めてみたが

単純作業に耐えられなくて1週間でやめた。

やはり僕は我慢ができないみたいだ。

 

派遣のバイトを3時間だけやってみたが

臭くて汚くて掃き溜めのような場をかいまみて

「ここにだけは来てはいけない」と悟った。

 

 

最近モヤモヤしてる一番の理由は

「これさえやれば前に進める」という確かな目標が

見えなくなってしまってるからだろう。

 

今日も有給のインターンの面接に行ってきたが

質問されてもあやふやな回答しかできなかった。

 

自分でも「ブレブレだな」と思いながら話していた。

 

 

できれば音楽やアニメや本など

自分が好きなものに関わった仕事をしてみたいけど

多くの大人は「それはおすすめしない」と言う。

 

「趣味は趣味のまま終わらせといたほうがいい」

という理屈は想像でしかないけどなんとなくわかる。

 

ずっと好きだった女の子と付き合えたはいいけど

嫌なところがたくさん見えてきて

幻滅してしまったみたいなものだろうか。

 

 

僕が幼少期から好きだったことといえば

「歌うこと」だろう。

 

お風呂場でもずっと一人で熱唱していた。

 

でも、下手でもないけどプロになれるほど上手くない。

 

友達とカラオケに行くと自分のレベルはなんとなくわかってしまう。

 

クラスメイトレベルに負けるようでは

到底その道では食っていけないだろう。

 

 

じゃあ自分が他の人よりも段違いに優れているものはなんなのか

考えてみても何も思いつかない。

 

人よりちょっと秀でた偏差値60ぐらいのものは

いくつか思い当たるけどそんな程度じゃ勝負にならないし。

 

 

とりあえず今は教育に興味があるから

手始めに塾のバイトでも始めてみようと思っている。

 

こうやって考えてても何も進まないだろうから

とにかく動いてみて、そしたら何か希望がみえてくるかもしれない。