読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省の日々

とある学生の頭の中

小さなステップから始める

 

今日「小さな習慣」という本を読んだ。

 

内容はシンプルで、

「ものすごく簡単な(小さな)目標を立てて

それを継続すれば良い習慣を身につけることができる」

というもの。

 

著者は「腕立て伏せを1回」やってみたことが

30分の運動→ジム通いへと発展し

今ではかなりマッチョになったそうだ。

 

また、「1日50ワードだけ書く」(英語)という小さな習慣が

複数の本の出版につながったらしい。

 

 

この手の「習慣本」はノウハウがギッシリで

読むのすら億劫になってしまうのが常だが

この本はシンプルでいい。

 

「小さな目標」を今日からやってみようと思う。

 

しかも1つだけじゃなくて、

2、3個の目標を同時並行でやってもいいとのこと。

面白そうだ。

 

 

今思えば、半年前から

「日記を書くこと」と「筋トレ」と「ストレッチ」と「瞑想」

は習慣化することができている。

 

これらの習慣のおかげか、

思考力やコミュ力が以前よりも向上した実感がある。

 

より人生をコントロールできている感覚もある。

 

 

ここにさらに「授業の予習・復習」「早寝早起き」などを

習慣化できればもっと充実した毎日になりそうだ。

 

ブログももっと定期的に書くようにしたい。

 

 

とにかく今は単位を取らないと就職すらできないので

「授業の予習・復習」を習慣化しようと思う。

 

「バカらしいぐらい簡単な目標」となると

どんなだろうか。

 

・家に帰ったら教科書を机の上において、

 3分だけ読む

 

とかかな。

 

こういうのは、「やり始め」が最も億劫だから

そこさえ乗り越えられればたぶん自然ともっと読むことになる。

 

あまり厳しい目標を課すと

何もかも投げ出したくなってしまいそうだから

ほんとにアホみたいに簡単なことから始めていきたい。