内省の日々

とある学生の頭の中

彼女ができた

 

2年ぶりに彼女ができた。

 

とても純粋で一緒にいて楽しい子だ。

 

 

やはり彼女がいると精神的に安定する気がする。

 

僕の中にあった欠乏感が埋まって

恋愛以外でも「これからもっと楽しいことがありそうだ」

とワクワクしている。

 

とはいえまだ付き合ってから1週間も経っていないのだから

これから徐々に関係を築いていかないといけない。

 

 

僕はまだ「深い愛情」というものを他者に抱いたことがない。

 

誰かを愛するようになれば

僕の人生はもっと深みを増すだろう。

 

「自分」という存在が自分だけのものではなくなって

相手にとってもかけがえのないものになる。

 

それはとても素晴らしいことだと思うし、

もっと色んなことを学んで

その子にプラスを与えられるような存在になりたい。

 

 

ただ、僕の中にあるのはキレイな感情ばかりではない。

 

こんなことは決して本人には言えないけど

彼女のことが「性的にどストライクか」というと

そうではないような気がする。

 

「超可愛い」ではなく「普通に可愛い」という感じ。

 

相性や中身を全く考慮しないならば

大学や街中にいる女の子の方が魅力的だと感じることがある。

 

 

ブログでは良い子ちゃんぶったことばかり書いてるけど

僕は昔から性欲が強くて

高校生のころは会話の8割がエロ話だったし

大学生になってからは風俗にハマってしまったときもあった。

 

風俗ですごくタイプの子が出てきたら

やっぱりものすごく興奮する。

 

ただし、そこには「愛」はない。

 

お金と身体の交換という「ビジネス」である。

 

 

こんなにセックスのことばかりを考えてしまう自分は

低俗であることに間違いはないと思うが

自分の思っていることは正直に書いておきたい。

 

 

「関係性」を無視するなら、

自分がより「可愛い」と思う異性を抱いた方が

気持ちいいセックスになるだろう。

 

風俗やワンナイトラブやセフレなどは

このような論理になる。

 

 

しかし

「付き合っている彼女とのセックス」

は毛色が違うはずだ。

 

お互いの愛情が親和することで

おそらく僕が想像できないぐらいの

気持ち良さになるのではないだろうか。

 

 

「愛し合っている同士のセックスは

 どれぐらい気持ちいいのか」

 

ということをそういえば友人に聞いたことがなかった。

 

「俺たちモテないよな〜」

と傷の舐め合いばかりしていたからだ。

 

 

ともかく、愛すべき存在ができたことで

これからの自分は大きく変わっていくだろう。

 

さっき書いたような自分のゲスな部分も直視しながら

健全な関係を築いていけたらなと思う。