読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省の日々

とある学生の頭の中

お金の使い方が下手すぎる

 

最近の悩み。

 

お金の使い方が本当に下手だ。

 

あまり稼ぎがないくせに、

短期的な欲望に負けて散財してしまう。

 

 

僕は昔から我慢がきかない性格だった。

 

思い返せば小学生時代から、

お小遣いのほとんどをカードゲームにつぎ込み

貯金などできたためしがなかった。

 

 

大学に入ってから僕の散財に拍車をかけたのは

クレジットカードだ。

 

「使いすぎたとしてもリボ払いにすれば

当面は月5000円でしのげる」

 

こういう多重債務者の典型的な思考に陥り

一時期は70万ぐらいにまで負債が増えてしまった。

 

ちなみにこの70万は親に借金して帳消しにした。

我ながらクソすぎる。

 

 

僕のこの散財癖を根本から直すためには

お金の使い方以前に

「欲望」をどうにかしなければならないように思う。

 

もちろん欲望は本能に近いので

完全に制御することはできない。

 

でも、なるべく欲望がわかないような

仕組みを作ったり

考え方を持つようにすれば

多少は抑え込めるのではないか。

 

 

僕が欲望を抑える考え方(生き方)として注目しているのが

ミニマリスト」だ。

 

本屋に行くとこの手の本を見かけないことがないぐらい

ミニマリストブームになっているようだ。

 

情報感度の低い母ですら、

部屋のものをどんどん減らして

ミニマリスト的な考え方を取り入れている。

 

 

お金持ちの成功談などを読むと

必ずといっていいほど出てくる言葉がある。

 

「いくらお金を稼いでも幸せにはなれない」

 

なぜなら欲望には際限がないから。

 

お金を稼いで欲しかったものが買えると

またすぐに「もっと良いもの」が欲しくなる。

 

お金をいくら稼いでも、

欲望をどうにかしない限り

このループから抜け出すことができない。

(億万長者レベルだと話は違うかもしれないが)

 

 

イケイケの営業団体で働いていたときは

まさにこの欲望のループに陥っていた。

 

「金持ちになればもっと幸せになれる」

と信じて疑わず、

ひたすら目の前にぶらさげられたニンジンを追い

稼いでは散財してを繰り返して疲弊していた。

 

 

昨日、女の子とデートしていたときにも思ったが

基準が高すぎる人生はとてもしんどい。

 

500円のランチで満足できる人と

3000円のランチじゃないと満足できない人

どちらが幸せになれるだろうか。

 

職場に付き合いたい女の子がたくさんいる人と

芸能人レベルの美人じゃないと付き合いたくない人

どちらが幸せになれるだろうか。

 

どう考えても前者だ。

 

 

しかし、自分の中の基準を下げるというのは

そう簡単にできることではない。

 

例えばAKBのものすごい美人な子と

何度も握手しながら話して恋に落ちてしまったら

一般人と恋愛しようにも

無意識に芸能人レベルの基準を当てはめてしまう。

 

「会えるアイドル」とか「超美人なAV女優」

なんかで味をしめてしまった男性たちに

なかなか彼女ができないのは当然のことだろう。

 

 

んー、なんだか書いていて

解決策が見えなくなってしまった。

 

欲望を抑えたり基準を下げたりするのは

簡単じゃないけど

「周りのモノを減らす」

ことをすれば考えも変わってくるかもしれない。

 

とかく今の時代は

情報やモノが洪水のように流れこんできて

疲れ果ててしまう。

 

そんな中で僕たち個人は

遮断したり捨てたり絞ったりして

少しでも洪水に飲み込まれないように

抵抗していかなければならないのだろう。