内省の日々

とある学生の頭の中

評価されるのが怖い

 

就活がスタートして1ヶ月が経とうとしている。

 

今月末にエントリーが締め切られる会社が多いなか

僕はまだ1社もエントリーできていない。

 

僕はなぜ動けないのだろうかと

悶々と考えていた。

 

おそらく僕は「評価されるのが怖い」のだ。

 

 

大学4年間を僕の中では妥協せずに過ごしてきたつもりだ。

 

2年近くやった営業で、自分が不甲斐なくて

涙が止まらなくなってしまったこともあった。

 

弱い自分と戦いながら、

自分を成長させるために頑張ってきたつもりだ。

 

大学に入学したての頃と比べたら

考え方も大人になったと感じるし

色々なことを経験して

知識だってたくさん増えた。

 

間違いなく、自分はレベルアップしているはず・・・

 

 

でも、僕が4年間、試行錯誤してきたことを

いざ企業にアピールするとなると

どうも怖気づいてしまう。

 

うまく伝わらなかったらどうしようとか

別にお前なんか大したことない

と思われたらどうしようとか

 

何もしないうちからビビってしまって

エントリーどころか企業のリサーチすらできていない。

 

 

大学受験のときも

自分の本当の実力を知らされるのが怖い

と思ってしまったけど

就活の方がもっと怖く感じる。

 

大学入試は面接とかがないから

かなり客観的な評価で合否が決まる。

 

しかし就活は、面接官との相性や好みなどもあり

入試よりかなり主観的だ。

 

だから、攻略しようにも確実な攻略法はないし

むしろ変に作り込みすぎて失敗する

ということもありうる。

 

就活でうまくいかなくて自殺する人がいるのは

今となればわかる気がする。

 

 

受験勉強や営業でうまくいったときは

自分の中で「スイッチ」が入って

いわゆるフロー状態のようだった。

 

しかし今はどうもスイッチが入っている気がしない。

 

単に腹をくくれていないだけかもしれないが・・・

 

 

人間というのは、

頭では「こうするのが正しい」とわかっていても

心や体がどうしてもついていかないことがあるらしい。

 

でもそういうときは、自分の本音を探るチャンスなのかもしれない。

 

あとは自分の背中を押してくれる存在も必要なのだろう。

 

 

もっと強くなれたらいいけど、

強くないからこそ人に優しくなれたり

立ち止まって考えることができたりする。

 

こういうふうに真剣に自分と向き合わざるをえないから

就職活動は人生の中でとても大事な時間なのだろうな。