読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省の日々

とある学生の頭の中

人生初、ナンパしてみた

 

昨日は人生初のナンパというものをしてしまった。

 

色々なきっかけが積み重なった上での

ある種、運命的ともいえるナンパだった(神聖化しすぎ笑)

 

 

最初のきっかけは「絶対内定」という就活本の中に

「ひと皮むけるような経験をしろ」という下りがあって

その例としてナンパが紹介されていた。

 

 

「街中でものすごくタイプの女の子を見かけたとして

『どうしようかな。声かけようかな』

という迷いが生じる。

 

たいていの場合は声をかけずに通り過ぎてしまって

『もし声をかけてたらどうなってたのかな』

と軽く後悔することだろう。

 

だが、そこで実際に声をかけたならどうなるか。

無視されて恥をかくかもしれない。

 

でもきっと、君は勇気を出して声をかけた

自分のことを好きになるだろう』

 

 

と書かれていて、妙に納得してしまった。

 

僕は惚れやすいタイプで、

街中で可愛い子を見かけるたびに

「あんな子と付き合えたらなー」

と指をくわえてみていた。

 

高校のときも好きな子が隣の席にいるのに

緊張して一言も話せなかったりした。

 

そんなチキンな自分と決別するためにも

ナンパしてみるのもいいかもしれない

と思い始めたのだった。

 

 

次のきっかけはナンパする前夜。

 

仲の良い友達と就活について話しながら

飲んでいた。

 

「説明会行くとけっこう可愛い女の子いるよなー」

と盛り上がっていると

そいつがこんなことを言い出した。

 

「説明会で隣になった子とかに

 よく声かけられたりするよ。

 別に声かけられても不自然じゃないし

 お前も声かけてみたら?笑」

 

この言葉を聞いて、

「モテやがって」と悔しくも感じたが

「もしかしたら説明会なら俺も声かけられるかも」

という希望がわいた。

 

そして場の勢いで

「じゃあ明日の説明会で声かけてみるわ!」

と友達に宣言してしまった。

 

 

次の日、変な決意を胸にして説明会に向かった。

 

目当ての企業の説明会が始まるまでに時間があったので

僕はブースの近くで待機していた。

 

ナンパしたのは、その時だった。

 

 

すごくタイプの女の子が20M先ぐらいの列に並んで

「可愛いなー」と思ってみていたら

バッチリ目が合ってしまった。

 

しかもいつもならすぐ逸らされるのに

向こうもジーッと見つめてきたのだ。

 

ここで僕は

「これはいけるかもしれない」

と思い始めた。

 

 

正直すごく迷った。

たぶん3分ぐらい迷ってたと思う。

 

今までの僕ならきっと声をかけられないまま終わってただろう。

 

でも昨日の友達との一件があったから

「このタイミングでこんな機会が巡ってきたのは

もしかしたら運命なのかもしれない」

 

と思い切って自分も列に並んだ。

 

そして

 

「すみません」

 

と声をかけた。

 

 

ほんとに勘違いかもしれないけど

向こうも「待ってました」という表情で

僕の質問に答えてくれた。

 

しかも会場に入ったら

ちょうどはじっこに2席分空いていて

「なんかできすぎだな、これ」

と内心笑ってしまった。

 

 

そして、別れ際に

「また就活について情報交換しましょう」

という体でLINEを交換することができた。

 

 

このとき僕は

「別にLINEブロックされてもいいや」と思った。

 

勇気を振り絞って行動したことによって

僕はたしかに自分のことが少し好きになった。

 

一皮むけるとはこういうことなのか、とも思った。

 

 

「ナンパ」というと、なんだか不謹慎だなと思う人が多い。

僕も以前はそう思っていた。

 

でも、向こうの女の子も喜んでくれているなら

別に悪いことじゃないし

 

勇気を振り絞って行動することで

自分のことが好きになれるなら

ナンパっていいものかもしれない。

 

 

「おい、真面目に就活しろ」

というお話でした。