内省の日々

とある学生の頭の中

書く自信

 

前回の更新から1ヶ月半過ぎてしまった。

 

書こうかなと思ったときもあったが、

なぜか書けなかった。

 

 

僕は学ぶのが大好きな人間なので、

人のブログや本を大量に読む。

 

「ためになるなあ」と思いながらも

「自分はこんなにうまく書けない」

と比較して自信を失ってしまうことも多い。

 

 

今は個人が情報発信をしやすくなり

これまで隠れていた論客がどんどん出てきている。

 

イケダハヤトやはあちゅうなど

「ブロガー」を名乗る人も増えてきて

まさにブロガー戦国時代だ。

 

そんな中で、自分の意見はどれぐらい有用なのか

どうしても考えてしまう。

 

 

どの分野においても、食っていくためには

競争を勝ち抜いていかないといけないと思う。

 

アーティストしかり、営業マンしかり、学者しかり。

 

 

「ナンバーワンじゃなくて、オンリーワンを目指せ」

なんてよく言われるけど、

ただのオンリーワンでは食っていけないんじゃないか。

 

例えば、「パンツ一丁で講義をする大学教授」は

オンリーワンかもしれないけど、

だからと言って生徒に価値を与えられているわけではない。

 

話が抜群に面白いとか、講義資料がすごくわかりやすいとか

そういう軸でオンリーワンにならないと意味がない。

 

「ナンバーワンになれるようなオンリーワン」

じゃないといけないということだ。

 

 

「ブログを書く」ということに戻ると、

他の人よりも質が高く

かつ

価値を感じてもらえるようなコンテンツは何か。

 

そういうことをつい考えてしまうから、

こんな100人も見ていないブログの記事を書くことに

躊躇してしまう。

 

 

僕は80年ものうのうと生きるつもりはないし、

そんなに長く生きられるとも思っていない。

 

だって、信号をひとつ渡るたびに

暴走した車が突っ込んでくるかもしれないから。

 

今日の帰り道に死んでしまう可能性もゼロじゃない。

 

 

でも、死ぬまでに何かを残したいと強く思う。

 

自分はまだまだ未熟で、考えも知識も経験も全然足りてない。

 

そんな現状で、自分はいったい誰の役に立てるのか。

 

 

今は力がないから、

目の前にある小さなことから始めていかないといけないのだろう。

 

それはわかっているのだが、

その「小さなこと」の積み重ねが

後の「大きなこと」になるのであれば、

何を積み上げていくのかも考えないといけない。

 

 

悩みは尽きないけど、こうしてブログを書くことで

やはり自分の頭の中が整理されてくるので、

また定期的に書こうと思う。

 

本当にわからないことだらけなので、

記事を読んでいて「こうなんじゃないか」と思った

好きにコメントしてください。

 

それでは。