読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省の日々

とある学生の頭の中

こんなことは言いたくないけど

暇つぶしにまとめサイトを見ていた。

 

こういうのは攻撃的な人たちが多いから

あんまり見すぎるのは良くないと思うけど

ついつい見てしまう。

 

その中である意味とても面白いスレがあった。

 

【武勇伝】学会前に発表する勉強会、男性「僕は東大の院生で~」女子「あのっ!日本語で話して下さいっ!」日大、早稲田、慶應の院生大拍手wwww | 鬼女まとめログ|生活2chまとめブログ

 

国文学の学会で東大院生が

難解な用語をちりばめた質問をした。

 

それをある女の子が「日本語で話してください」

と批判して・・・

 

というお話で、このお話に対する見解が

なんとも、まあ。。。

 

このお話自体もそうだけど、

「女の子」を擁護する人たちの見解が

ツッコミどころ満載だ。

 

 

まず、何度も出てくる

 

「本当に頭の良い人は誰にでもわかりやすく

 説明できる」

 

という言葉。

 

たしかにそれは事実なのかもしれないが、

ここで使うのは的外れである。

 

なぜなら学会の場であるなら

「女の子」は聴講しているだけの部外者だから

「女の子」に理解してもらう必要はない。

 

この場では

「みんなに質問の内容をわかりやすく伝えること」

よりも

「発表者やその他の専門家の考えを深めること」

を優先しなければならない。

 

コミュニケーションには目的が存在している以上

どんな場面でも「誰にでもわかりやすく伝えること」が

必要になるわけではない。

 

 

「頭の良い人はわかりやすい説明ができる」

 

という言葉はいかにも先入観にまみれた言葉であるが、

こういう言葉を安易に使ってはいけないな。

 

 

後は、コメント欄での論争を眺めていて、

感情的な議論は何も生まないことがわかる。

 

もっと柔軟に、論理構造を明確にして

それこそ相手にわかるように伝える。

 

そして、自分の「賛否」の立場に執着せず

相手の意見を受け入れて、自分の意見にも疑問を持つ。

 

こういった姿勢が大切だと感じた。

 

 

このスレから学べることはとても多かった。

 

「東大院生はほんとプライドが高くて

 むかつくぜ!」

 

なんて野次馬根性で見ていたら

何の考えも得られなかっただろうな。