内省の日々

とある学生の頭の中

人間は教えたがり

書店で大量に積まれたビジネス書を見て思った。

 

「人は皆、教えたがりなんじゃないか」

 

成功してるから本を出してるんじゃなくて

教えたい欲求があるから本を出す。

 

成功したい人の多くは

 

・本を出したい

・講演したい

・教室を開きたい

 

と思ってるのではないだろうか。

 

僕もそうだ。

 

 

小学校のときに習っていたそろばん。

 

町内のおばあちゃんがニコニコしながら教えてくれた。

 

余生を「教えること」に費やした人がそこにいたのだ。

 

 

ところで先生はガンで亡くなったのだったが、

今でも覚えてるのが

自分の娘に、「死ぬのは怖い」と泣きながら訴える姿。

 

年老いても死ぬのは怖いんだなあと今になって思う。

 

 

学校でも、嬉々として人に教えてる人を見て

不思議に思っていた。

 

何の見返りもないのに、何が嬉しくて教えるのかと。

 

僕はけっこう打算的なところがあるので、つい考えてしまう。

 

 

でも、自分が教えてみると、なんとも言えない充実感があった。

 

アドラー心理学では、人は「貢献感」を得ることで幸せを感じるのだという。

 

そういうことなのかな。

 

 

それなら、「教えてください」と願い出ることは

お互いにとってハッピーなことなのかもしれない。