内省の日々

とある学生の頭の中

力み過ぎない

なんでも完璧にやろうとしてしまう。

 

ブログのタイトルをどうしようか、何を書こうか

選択肢がありすぎて迷う。

 

毎日の行動もそう。

 

朝起きて何するか。

そもそも何時に起きるのか。

 

今日は結局昼まで寝てしまった。

1限と3限をサボる。

 

そしてホラー映画を見に映画館へ。

 

そこそこの刺激だった。

舞台が西洋なだけあって、「自分にも起こるかもしれない」という

リアリティがない。

見終わった後にじわじわとやってくる恐怖がなければホラーとしては失敗だと思う。

 

その後は大天閣(三人麻雀)へ。

 

開局一番に大車輪をツモる。

 

しかしそこから3回ほどトび、結局ー6000。

 

 

このブログを書くに至ったのもこの負けがあったから。

 

負けたときは正直かなり苛立っていた。

 

しかし、だんだん力みが取れてきて「まあ、いいか」と思えた。

 

力みすぎるとロクなことがない。

 

負けが込むと大抵、力んでしまい、ミスが生じる。

 

自然体で流れるように勝ちを重ねるのがベスト。

 

 

自分の目指す像が少し明確になった。

 

頑張ることもなく、ただそこにいるだけで周りにプラスを与えられる。

 

存在そのものが価値である

 

そんな人物になれれば、とても嬉しい。