読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省の日々

とある学生の頭の中

お金の使い方が下手すぎる

最近の悩み。 お金の使い方が本当に下手だ。 あまり稼ぎがないくせに、 短期的な欲望に負けて散財してしまう。 僕は昔から我慢がきかない性格だった。 思い返せば小学生時代から、 お小遣いのほとんどをカードゲームにつぎ込み 貯金などできたためしがなかっ…

なぜ他人に親切にしたくなるのか

先日、NHKの説明会の帰りに起きたこと。 地下鉄に車椅子の方が乗ってきた。 僕がいたのは車椅子用の手すり付近で、 ちょうど手すりのところには女性が立っていた。 車椅子の方は女性がいるので手すりが掴めず 扉付近の手すりに頑張って手を伸ばしてつかまっ…

評価されるのが怖い

就活がスタートして1ヶ月が経とうとしている。 今月末にエントリーが締め切られる会社が多いなか 僕はまだ1社もエントリーできていない。 僕はなぜ動けないのだろうかと 悶々と考えていた。 おそらく僕は「評価されるのが怖い」のだ。 大学4年間を僕の中…

コンプレックスについて

去年の冬ごろから、急に自分の身長のことが気になりだした。 高校生のときに163センチぐらいしかなくて、 たまにチビとかバカにされて悩んでいた以来だ。 実家に帰ったときに母親が「あんた背伸びたんじゃない?」と言ってきたので 家の柱で簡単に測って…

正解を求めて

最近は毎日のようにお気に入りの本屋に通っている。 つい気分が落ち込みそうになると、足を運んでしまうのだ。 もはや「本屋依存症」かもしれない。 大学に入ってからというもの、次々に本に手を出すようになった。 僕はきっと「正解」を求めているのだろう…

感謝について その3

「感謝の気持ち」が沸き起こることはあるのか? - 内省の日々 感謝についての続き - 内省の日々 しつこいようだが、夕食をとりながら思いついたことがあるので書く。 2つ目の記事で、本能的な欲求と理性的な欲求があって、どちらの欲求に従った行動を「ある…

「感謝の気持ち」が沸き起こることはあるのか?

録画していたNHKの対談番組を観た。 www.nhk.or.jp 「104歳の芸術家 篠田さん」と「103歳の医師 日野原さん」の対談である。 この二人は篠田さんが言うように、正反対の考え方をしているようだが 僕は篠田さんの考え方に非常に共感した。 岡本太郎もそうだが…

『何者』

朝井リョウの『何者』を読んだ。 来年、5回生として就活する僕にとって とても気になっていた作品。 読み終わった直後は爽快感があったが、 読後から2日たった今、 じわじわとこの作品の毒が牙をむきはじめた。 僕を登場人物にあてはめると 大学1年〜3年:リ…

余裕をもつこと

今月は浮き沈みがとても激しい。 新しいプロジェクトを始めたり、 禁欲に挑戦してみたり 恋人探しを始めてみたり・・・ そして今週末に 色々と我慢していたものが噴き出して やる気がなくなったり、散財したりした。 やはり生活には余裕、余白が必要だと感じ…

人から信用されるには

2週間ぶりのブログ更新。 昨日、インターン先の社長から 胸にズシンと響く一言を言われた。 「君は優柔不断で、飽き性で、気分屋だよね」 まったくその通りだと思った。 なぜならたった3日働いて「やめます」と言い、 その後に誘われた飲み会で 「やっぱこの…