内省の日々

とある学生の頭の中

完璧主義はコストがかかる

 

日々生活していてつくづく思うのが

完璧主義はほんとに時間もお金も無駄にしてしまう。

 

 

完璧を期そうとすればするほど

どんどん労力がかかっていって

結果、ものすごく中途半端になったりする。

 

例えば本を読むときに、

1回でじっくり読むよりもザッと3回ぐらい読んだほうが

読むスピードも理解度も高くなることはわかっているのに

どうしても読み飛ばすことができない。

 

そしてどんどん「積ん読」されていく。

 

 

こうやって文章を書いているときも

論理的におかしくならないように

何度も消してはタイプしてを繰り返している。

 

そして、

「もういいや、めんどくさい」

と下書きのまま放置することになってしまう。

 

事実、下書きにしたままの記事が5つぐらいある。

 

 

僕がこのブログを書く目的を改めて考えると

「日々の生活や学びや考えたことを残しておくこと」だ。

 

そして残した記録や考えを

再び、考えるための材料にすること。

 

 

また、日記などではなくブログに書くのは

モビリティが高いから。

オンライン環境さえあればどこでも書いて、閲覧できる。

 

あとは、僕の記事を読んで

意見に共感してくれる人がいることがわかれば

それが学び、やる気に繋がる。

 

 

自分がブログを書く目的を考えれば

それほど体裁は気にしなくてもいいのかもしれない。

 

もっとトピックも自由に扱って

たまに論理がめちゃくちゃなことがあってもいい。

 

別にアフィリエイトしたり、ファンを集める気もないし。

 

 

でも、何かしら記事に反応してくれる方がいたら

それはとてもありがたいです。

 

僕には知らないこと、考えが足りないことが

まだまだたくさんあるから

指摘してもらえた方が学びが深くなるので。

 

 

そういうわけで、

細かいことにこだわってしまう性格は直せないけど

少しでも意識的に「適当にやる」ようにしたい。

 

考えるほどによくわからなくなる

 

前回の記事を書いたときを思い返すと

ただ単に気分が高揚していただけだった。

 

次の日の朝になると

「なんであんな極端な考え方になってしまったんだ」

と後悔がはじまった。

 

 

人間には「ホメオスタシス」という恒常性維持機能があって

一時的に気分が高揚したりしても

また平常運転に戻るようになっている。

 

僕だけかもしれないが、

思考の中身は気分に大きく左右されるので

気分と同じく、考えも日によって変わる。

 

幸せな気分なら前向きな考えが浮かぶし

疲れてるときは後ろ向きな考えになる。

 

 

ニーチェ

「寝る前に反省などするのは愚かだ」

と言っていた。

 

なぜなら疲れている状態で考える内容は

どうせ後ろ向きにしかならないから。

 

 

気分と考えの話はともかくとして

自分の中でなかなか答えが出ないのが

 

様々な物事に対して

「いったいどこまで考えるべきなのか」

ということ。

 

 

一般論としては「賢い方が良い」とされている。

 

例えば東大卒の平均年収はやはりダントツで高いし

賢い方が金銭的には豊かになりやすい。

 

僕も「賢い方がいいのだな」と

幼い頃からなんとなく感じていて

それなりに勉強を頑張った。

 

大学に入ってからもたくさんの本を読んで

賢くなろうとした。

 

 

ただ、ふと疑問に思う。

 

高い知性や膨大な知識をもった人間の方が

本当に「良い」のか?幸せになれるのか?

 

 

アルジャーノンに花束を

の主人公であるチャーリーは手術により

IQ200以上の知性を手にいれた。

 

あらゆる書物を読破し、高名な学者がバカに思えるほど

体系的な知識を獲得した。

 

しかし「賢くなれば幸せになれるはず」という期待とは裏腹に、

知りたくないことがわかってしまったり

仲間から疎まれたりして

チャーリーは幸福から遠ざかっていく。

 

 

芥川龍之介もものすごい賢人だったが

自殺している。

 

調べたところによると病や家族の問題があったようだが

遺書には「将来に対するただぼんやりとした不安」とある。

 

おそらく常人にはない複雑すぎる思考の産物として

その「ぼんやりとした不安」が生まれたのだろう。

 

 

僕自身が他の人よりも「賢い」かと言われたら

それなりに自信はある。

 

客観的に数値化するべきではないけど

偏差値でいえば60ぐらいかなという印象。

 

70以上の天才レベルではないことはわかる。

 

人よりも行動力がない分

情報収集したり思考する時間が長かったので

それなりの知性が備わってると思いたい。

 

 

ただ、僕が自信をもっているのは

中途半端な知性ではない。

 

「良い意志を持って生きたい」

という理性がよく働くことだ。

 

「良い意志」とはいったい何なのか

がまだ定まっていないからとてもぼんやりしているけど

「純粋で、美しい生き方をしたい」

という欲求があるのはわかってきた。

 

 

ただ、ふとしたことで苛立ったりすると

自分のプライドの高さを自覚して

 

「下品な人間に成り下がるのが嫌だ」

「他人に見下されたくない」

というのが本音なのかもしれないとも思う。

 

昨日、定期券を購入するときに

後ろの列に並んでいた小学生の女の子に

「早くしろ」と机をトントン叩かれて

ものすごく腹が立ってしまった。

 

「小学生はまだエゴの塊で

社会性を身につけていないからだ」

 

と無理やり抽象化して自分を落ち着かせようとしたが

腹の虫がおさまるのに時間がかかった。

 

小学生の女の子に

「ちょっと待てよ!」と怒鳴るわけにもいかず

ある種、理不尽な状況だった。

 

 

「自分が早く切符を買いたいからって

赤の他人をあからさまにせかすのは

自分勝手すぎる」

 

という理由で自分は怒っていたのかと思ったら

冷静に考えみれば

自分がなめられたことに対して

腹が立ったのだと気づいた。

 

 

つまり僕の内面なんてそんなものだ。

 

まだまだ自分を良くみせようと

必死になっている。

 

根本にあるのは「良い意志」などではなくて

「強すぎる承認欲求」なのかもしれない。

 

 

・・・と、まあこんな感じで

またどうどう巡りになってしまった。

 

全ての思考が繋がって、

自分や世界に対する認識がクリアになるのは

いつになるだろうか。

 

おこがましいけど

名高い哲学者たちもこんなふうに

考えては悩んでを繰り返していたのかな。

 

 

昨日家庭教師をしているときに思ったが

僕が人を叱れないのは

「これがよくてこれがダメだ」

という結論がなかなか定まらないからだろう。

 

他人のいう

「君の気持ちはよくわかった」とか

「このままじゃ君はダメになる」とかって

ほんとにわかって言ってるんかいな。

 

コミュニケーションにおいては

ある程度の決めつけは重要なのかもしれない。

 

 

ダラダラと書きましたがこの辺で締めます。

考えるほどによくわからなくなるが・・・

 

前回の記事を書いたときを思い返すと

ただ単に気分が高揚していただけだった。

 

次の日の朝になると

「なんであんな極端な考え方になってしまったんだ」

と後悔がはじまった。

 

 

人間には「ホメオスタシス」という恒常性維持機能があって

一時的に気分が高揚したりしても

また平常運転に戻るようになっている。

 

僕だけかもしれないが、

思考の中身は気分に大きく左右されるので

気分と同じく、考えも日によって変わる。

 

幸せな気分なら前向きな考えが浮かぶし

疲れてるときは後ろ向きな考えになる。

 

 

ニーチェ

「寝る前に反省などするのは愚かだ」

と言っていた。

 

なぜなら疲れている状態で考える内容は

どうせ後ろ向きにしかならないから。

 

 

気分と考えの話はともかくとして

自分の中でなかなか答えが出ないのが

 

様々な物事に対して

「いったいどこまで考えるべきなのか」

ということ。

 

 

一般論としては「賢い方が良い」とされている。

 

例えば東大卒の平均年収はやはりダントツで高いし

賢い方が金銭的には豊かになりやすい。

 

僕も「賢い方がいいのだな」と

幼い頃からなんとなく感じていて

それなりに勉強を頑張った。

 

大学に入ってからもたくさんの本を読んで

賢くなろうとした。

 

 

ただ、ふと疑問に思う。

 

高い知性や膨大な知識をもった人間の方が

本当に「良い」のか?幸せになれるのか?

 

 

アルジャーノンに花束を

の主人公であるチャーリーは手術により

IQ200以上の知性を手にいれた。

 

あらゆる書物を読破し、高名な学者がバカに思えるほど

体系的な知識を獲得した。

 

しかし「賢くなれば幸せになれるはず」という期待とは裏腹に、

知りたくないことがわかってしまったり

仲間から疎まれたりして

チャーリーは幸福から遠ざかっていく。

 

 

芥川龍之介もものすごい賢人だったが

自殺している。

 

調べたところによると病や家族の問題があったようだが

遺書には「将来に対するただぼんやりとした不安」とある。

 

おそらく常人にはない複雑すぎる思考の産物として

その「ぼんやりとした不安」が生まれたのだろう。

 

 

僕自身が他の人よりも「賢い」かと言われたら

それなりに自信はある。

 

客観的に数値化するべきではないけど

偏差値でいえば60ぐらいかなという印象。

 

70以上の天才レベルではないことはわかる。

 

人よりも行動力がない分

情報収集したり思考する時間が長かったので

それなりの知性が備わってると思いたい。

 

 

ただ、僕が自信をもっているのは

中途半端な知性ではない。

 

「良い意志を持って生きたい」

という理性がよく働くことだ。

 

「良い意志」とはいったい何なのか

がまだ定まっていないからとてもぼんやりしているけど

「純粋で、美しい生き方をしたい」

という欲求があるのはわかってきた。

 

 

ただ、ふとしたことで苛立ったりすると

自分のプライドの高さを自覚して

 

「下品な人間に成り下がるのが嫌だ」

「他人に見下されたくない」

というのが本音なのかもしれないとも思う。

 

昨日、定期券を購入するときに

後ろの列に並んでいた小学生の女の子に

「早くしろ」と机をトントン叩かれて

ものすごく腹が立ってしまった。

 

「小学生はまだエゴの塊で

社会性を身につけていないからだ」

 

と無理やり抽象化して自分を落ち着かせようとしたが

腹の虫がおさまるのに時間がかかった。

 

小学生の女の子に

「ちょっと待てよ!」と怒鳴るわけにもいかず

ある種、理不尽な状況だった。

 

 

「自分が早く切符を買いたいからって

赤の他人をあからさまにせかすのは

自分勝手すぎる」

 

という理由で自分は怒っていたのかと思ったら

冷静に考えみれば

自分がなめられたことに対して

腹が立ったのだと気づいた。

 

 

つまり僕の内面なんてそんなものだ。

 

まだまだ自分を良くみせようと

必死になっている。

 

根本にあるのは「良い意志」などではなくて

「強すぎる承認欲求」なのかもしれない。

 

 

・・・と、まあこんな感じで

またどうどう巡りになってしまった。

 

全ての思考が繋がって、

自分や世界に対する認識がクリアになるのは

いつになるだろうか。

 

おこがましいけど

名高い哲学者たちもこんなふうに

考えては悩んでを繰り返していたのかな。

 

 

昨日家庭教師をしているときに思ったが

僕が人を叱れないのは

「これがよくてこれがダメだ」

という結論がなかなか定まらないからだろう。

 

他人のいう

「君の気持ちはよくわかった」とか

「このままじゃ君はダメになる」とかって

ほんとにわかって言ってるんかいな。

 

コミュニケーションにおいては

ある程度の決めつけは重要なのかもしれない。

 

 

ダラダラと書きましたがこの辺で締めます。

イエスマンという映画をみた

 

先ほどAmazonで「イエスマンーYESは人生のパスワード」という映画をみた。

 

 

最近の僕はネガティブすぎた。

 

何事もノー、ノーばかり言ってたら

退屈で孤独な日々になってしまった。

 

なんでこんなにも毎日がつまらないんだと

原因を探し求めていたがやっとわかった。

 

 

僕はもっとイエスを言わなければならない。

 

何事も行動を起こさないと始まらないからだ。

 

百聞は一見に如かず。

 

机の上でウンウン100時間考えるより

たった30分でも何か行動した方が人生は前に進む。

 

やっとそれに気づいた。

 

 

僕は人に影響されやすいから

すぐに考えが変わってしまう。

 

セールスマンに何か売られたら

たいてい断りきれずに買ってしまう。

 

でもそれでもいいじゃないか。

 

成長とは変化することだと

誰か偉い人が言っていた。

 

何も行動しなければ現状維持であり

それは死んでいるも同然である。

 

 

就活も恋愛も読書も何もかも

腰が重くなりすぎていた。

 

もっとどんどん行動しよう。

 

結果はどうなるか知らないけど

そっちの方がなんだか楽しそうだ。

 

お金の使い方が下手すぎる

 

最近の悩み。

 

お金の使い方が本当に下手だ。

 

あまり稼ぎがないくせに、

短期的な欲望に負けて散財してしまう。

 

 

僕は昔から我慢がきかない性格だった。

 

思い返せば小学生時代から、

お小遣いのほとんどをカードゲームにつぎ込み

貯金などできたためしがなかった。

 

 

大学に入ってから僕の散財に拍車をかけたのは

クレジットカードだ。

 

「使いすぎたとしてもリボ払いにすれば

当面は月5000円でしのげる」

 

こういう多重債務者の典型的な思考に陥り

一時期は70万ぐらいにまで負債が増えてしまった。

 

ちなみにこの70万は親に借金して帳消しにした。

我ながらクソすぎる。

 

 

僕のこの散財癖を根本から直すためには

お金の使い方以前に

「欲望」をどうにかしなければならないように思う。

 

もちろん欲望は本能に近いので

完全に制御することはできない。

 

でも、なるべく欲望がわかないような

仕組みを作ったり

考え方を持つようにすれば

多少は抑え込めるのではないか。

 

 

僕が欲望を抑える考え方(生き方)として注目しているのが

ミニマリスト」だ。

 

本屋に行くとこの手の本を見かけないことがないぐらい

ミニマリストブームになっているようだ。

 

情報感度の低い母ですら、

部屋のものをどんどん減らして

ミニマリスト的な考え方を取り入れている。

 

 

お金持ちの成功談などを読むと

必ずといっていいほど出てくる言葉がある。

 

「いくらお金を稼いでも幸せにはなれない」

 

なぜなら欲望には際限がないから。

 

お金を稼いで欲しかったものが買えると

またすぐに「もっと良いもの」が欲しくなる。

 

お金をいくら稼いでも、

欲望をどうにかしない限り

このループから抜け出すことができない。

(億万長者レベルだと話は違うかもしれないが)

 

 

イケイケの営業団体で働いていたときは

まさにこの欲望のループに陥っていた。

 

「金持ちになればもっと幸せになれる」

と信じて疑わず、

ひたすら目の前にぶらさげられたニンジンを追い

稼いでは散財してを繰り返して疲弊していた。

 

 

昨日、女の子とデートしていたときにも思ったが

基準が高すぎる人生はとてもしんどい。

 

500円のランチで満足できる人と

3000円のランチじゃないと満足できない人

どちらが幸せになれるだろうか。

 

職場に付き合いたい女の子がたくさんいる人と

芸能人レベルの美人じゃないと付き合いたくない人

どちらが幸せになれるだろうか。

 

どう考えても前者だ。

 

 

しかし、自分の中の基準を下げるというのは

そう簡単にできることではない。

 

例えばAKBのものすごい美人な子と

何度も握手しながら話して恋に落ちてしまったら

一般人と恋愛しようにも

無意識に芸能人レベルの基準を当てはめてしまう。

 

「会えるアイドル」とか「超美人なAV女優」

なんかで味をしめてしまった男性たちに

なかなか彼女ができないのは当然のことだろう。

 

 

んー、なんだか書いていて

解決策が見えなくなってしまった。

 

欲望を抑えたり基準を下げたりするのは

簡単じゃないけど

「周りのモノを減らす」

ことをすれば考えも変わってくるかもしれない。

 

とかく今の時代は

情報やモノが洪水のように流れこんできて

疲れ果ててしまう。

 

そんな中で僕たち個人は

遮断したり捨てたり絞ったりして

少しでも洪水に飲み込まれないように

抵抗していかなければならないのだろう。

 

なぜ他人に親切にしたくなるのか

 

先日、NHKの説明会の帰りに起きたこと。

 

地下鉄に車椅子の方が乗ってきた。

 

僕がいたのは車椅子用の手すり付近で、

ちょうど手すりのところには女性が立っていた。

 

車椅子の方は女性がいるので手すりが掴めず

扉付近の手すりに頑張って手を伸ばしてつかまっていた。

 

ちょっと状況がわかりにくいけど

要は女性が手すりに気づかず立っていて

車椅子の方が困っているということだ。

 

 

僕はその様子をみて、逡巡した。

 

女性にそこをどいてもらうように声をかけるべきか。

 

でも、、、

 

 

「でも」・・・なんだろう。

 

このとき僕は何を考えて迷っていたのか。

 

そもそもなぜ第三者である僕が、

この出来事に干渉しようと思ったのか。

 

この逡巡の中に、

「親切心」の構造が隠れている気がする。

 

 

僕が考えていたことを列挙してみると

 

・車椅子の人が乗ってきたのに手すりに気づかないなんて

 無神経な人だな(女性に対して)

 

・周りの人は気づいてないのか?

 気づいてたのだとしたら声をかけるべきじゃないのか

 

・ここで声をかけても

 車椅子の人に変に気を遣わせたり

 周りの注目を集めてしまったりして

 逆に迷惑になるかもしれない

 

・女性や周りの人に

 「良い人ぶりやがって」

 と思われるのは嫌だ

 

・僕は他人に親切にできるほど

 良い人間なのだろうか

 ただの「メサイヤコンプレックス」なんじゃないか

 

・でも社会に対して

 「優しくない」「汚い」

 という不満を持っておきながら

 保身のために目の前の出来事から目をそらすのはずるくないか

 

こんなことを考えていたように思う。

 

別に何かのアピールじゃなくて

僕は普段から無駄に考えすぎてしまう

ということが言いたい。

 

 

僕を迷わせた大きな原因は

アイデンティティ」(自我同一性)

にあるのではないだろうか。

 

目の前で起こったことにどう反応するかは

「自分はどんな人間なのか」

というフィルターを通して決定されるのではないか。

 

 

『影響力の武器』などの心理学系の本にも

「一貫性の原理」というのが紹介されていて

人は自身の言動、態度、信念などに対して一貫したものにしたい

という心理が働くらしい。

 

 

こう考えると、

人に親切にしようとする人間は

「今までの自分は親切なことをしてきた」

という行動面での一致

 

あるいは

「親切なことをする自分でありたい」

という態度・信念の一致

を求めているのではないだろうか。

 

 

宗教を信仰することで、人が利他的になるのは

「人に親切にすべき」という信念が根付いて

一貫性の原理が働くからだろう。

 

 

書いていて気づいたけど

アイデンティティは一貫性の原理の中に

内包される概念なのかな。

 

発言、行動面での一致

アイデンティティ

 

ちょっとよくわからなくなってきた。

 

 

結論として

僕はこれからどう考えてどう行動するのかというと

やはり「他人に優しくできる人間」で在りたいと思うし

他人に親切にしたい。

 

僕が憧れる人物は

実在の人でも創作の人でも

他人のために一生懸命になれる人だ。

 

UVERworldTAKUYA∞フルーツバスケット本田透

なんかにとても憧れる。

 

自分が良い風にその人を切り取ってみてるだけかもしれないけど。

 

でも、そういう人の在り方は

とても美しいと思う。

 

とにかく自分の利益や保身ばかりを考えるような

汚い人間にはなりたくない。

 

 

別に僕は良い人間じゃないし

とても利己的なことはこれまでの自分の言動を振り返れば

イヤというほどわかる。

 

それでも、ありのままの自分は良い人間じゃないかもしれないけど

「良い人間」になりたい、そう在ろうと

本能や欲望にあらがうことが理性であり

立派な人間への道なんじゃないだろうか。

 

 

すごくキレイゴトを言ってしまった気がするけど

今の自分の考えはこんな感じということで残しておきたい。

 

 

補足:

 

僕は地下鉄の件で結局どうしたかというと

女性にできるだけソフトな口調で声をかけた。

 

「すみません、車椅子の方の手すりがあるので

 どいた方がいいんじゃないでしょうか」

 

それを聞いた車椅子の方が、ギョッとした顔で僕をみて

「あ、大丈夫ですよ!」

と僕と女性に慌てた様子で説明されていた。

 

それで僕は恥ずかしくなってしまって

「あ、すみません」

とその場から離れた。

 

「おせっかいだったのかもしれないな・・・」

とその時は後悔していた。

 

そして電車を降りたときにふいに肩を叩かれた。

 

振り返ると車椅子の方で

「ありがとうございました」

と言ってくれた。

 

その一言でなんだか救われた。

 

変に注目を集めてしまって

恥ずかしい思いをさせてしまったかもしれないけど

「世の中には親切にしてくれる人間もいるんだ」

とその人が感じる経験になってくれたら嬉しいと思う。

 

 

とはいえ、この行動が本当に正しかったのかはわからないし

そもそもなぜ僕はこういう行動を起こそうと思ったのか

が気になってこうして記事にしてみた。

 

最近僕が思うのは、

社会や組織という1人では扱いきれない大きなものに不満を持つのなら

まずは自分自身が目の前の小さな場面で

行動を起こすべきなんじゃないのかということ。

 

例えば環境問題を憂うのなら

その影響はわずかだとしても

自分の家だけはエアコンをつけないようにする

車に極力乗らないようにするとか。

 

僕が尊敬する人物は

大きなことを成し遂げたいと思う前に

目の前の人たちを大切にすべきだと言っている。

 

全くその通りだと思う。

 

 

 

 

評価されるのが怖い

 

就活がスタートして1ヶ月が経とうとしている。

 

今月末にエントリーが締め切られる会社が多いなか

僕はまだ1社もエントリーできていない。

 

僕はなぜ動けないのだろうかと

悶々と考えていた。

 

おそらく僕は「評価されるのが怖い」のだ。

 

 

大学4年間を僕の中では妥協せずに過ごしてきたつもりだ。

 

2年近くやった営業で、自分が不甲斐なくて

涙が止まらなくなってしまったこともあった。

 

弱い自分と戦いながら、

自分を成長させるために頑張ってきたつもりだ。

 

大学に入学したての頃と比べたら

考え方も大人になったと感じるし

色々なことを経験して

知識だってたくさん増えた。

 

間違いなく、自分はレベルアップしているはず・・・

 

 

でも、僕が4年間、試行錯誤してきたことを

いざ企業にアピールするとなると

どうも怖気づいてしまう。

 

うまく伝わらなかったらどうしようとか

別にお前なんか大したことない

と思われたらどうしようとか

 

何もしないうちからビビってしまって

エントリーどころか企業のリサーチすらできていない。

 

 

大学受験のときも

自分の本当の実力を知らされるのが怖い

と思ってしまったけど

就活の方がもっと怖く感じる。

 

大学入試は面接とかがないから

かなり客観的な評価で合否が決まる。

 

しかし就活は、面接官との相性や好みなどもあり

入試よりかなり主観的だ。

 

だから、攻略しようにも確実な攻略法はないし

むしろ変に作り込みすぎて失敗する

ということもありうる。

 

就活でうまくいかなくて自殺する人がいるのは

今となればわかる気がする。

 

 

受験勉強や営業でうまくいったときは

自分の中で「スイッチ」が入って

いわゆるフロー状態のようだった。

 

しかし今はどうもスイッチが入っている気がしない。

 

単に腹をくくれていないだけかもしれないが・・・

 

 

人間というのは、

頭では「こうするのが正しい」とわかっていても

心や体がどうしてもついていかないことがあるらしい。

 

でもそういうときは、自分の本音を探るチャンスなのかもしれない。

 

あとは自分の背中を押してくれる存在も必要なのだろう。

 

 

もっと強くなれたらいいけど、

強くないからこそ人に優しくなれたり

立ち止まって考えることができたりする。

 

こういうふうに真剣に自分と向き合わざるをえないから

就職活動は人生の中でとても大事な時間なのだろうな。